擦りすぎは禁物

化粧は10代の頃から、毎日のようにしていました。
周囲が大人びてきて、自分もいつの間にか化粧をするのが当たり前の毎日になってました。
10代ではやはり肌にツヤもハリもあったので、特に肌を意識して化粧品を選ぶという事はしてませんでした。
20代になると仕事をして、疲れて帰ってきて、そのまま寝てしまう事もしばしばありました。
化粧を落とさず、朝シャワーを浴びて出社する日々。
20代後半になった頃から、肌がカサつき始め、化粧のノリが悪く、自分自身でもこれはいけないと思い始めたきっかけでした。
まずはクレンジングをしっかりする事を意識しました。
その日の汚れはその日に落とす。
クレンジングも自分に合う合わないがあります。
私は泡タイプのクレンジングは合わない事が分かりました。
化粧品の中には水や汗に強い物もあるのでオイルのクレンジングが私には合うようです。
洗顔でもそうですが、泡のタイプは擦らず、泡で落とす方がいいと聞いた事があったので、化粧が落ちない感覚が嫌でした。
確かに化粧をした状態で擦ると色素沈着の原因になったりするそうです。
オイルタイプは擦るというよりスルッと落ちる感覚と落とした後も肌がつっぱらないのが魅力の一つだといえます。
30代になってしまうのでこれからは今まで以上にクレンジングに気をつけようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です